これまでにお伝えしたように、マネジメント・コンサルテーションとマネジメント・リファーにはつながりがあります。傍から見ると、いずれも「相談」「カウンセリング」で違いが分かりにくいかもしれません。EAPコンサルタントは、実はその違いを理論に基づききちんと分けて対応しています。

 

また、上司や人事の方がマネジメント・コンサルテーションを上手に活用すると、リファーをしなくても状況を改善出来ることもあります。丁寧にマネジメント・コンサルテーションを積み重ねていくと、組織自体の「対応力」が上がるからです。

 

それでもやはりEAPを活用した方が良いとされるのは、部下社員の方を悩ませている問題が、職場・仕事よりもプライベートな問題である場合です。上司や人事の立場では、プライバシーに関わる問題に積極的に介入していくことのデメリットがあります。また、メンタルヘルス不調が案じられるケースも同様です。

 

そうした時には「事例性」「疾病性」で整理し、職場ではあくまで「事例性」をもとに「専門家に相談してみたら?」と勧めていただくのが適切な対処となります。
会社では使用者に「安全配慮義務」があります。それを履行しつつ、プライバシーにも配慮した対応をすることが、リスクマネジメントにつながります。



本厚木・海老名の心理カウンセリング EAPパートナー   【コピー&ペースト厳禁】