リーダー、マネージャー、人事担当者のための相談「マネジメント・コンサルテーション」について以前お伝えしましたが、そこでEAPを紹介されて部下・社員・職員の方が相談に来られることを「マネジメント・リファー」と言います。「紹介相談」と訳されることもあります。

 

ご紹介者はしばしば、「心配だからとにかく会ってほしい」「本人を行かせるから相談にのってほしい」と、急いで部下の方をEAPにつなげようとされます。それに合わせて紹介相談をスタートしてしまうと、相談は上手くいかないことが多々あります。
何故でしょう?

 

それは紹介されたご本人に相談への動機づけがないからです。“傍目八目”で人事や上司の方の目には「専門家に相談した方が良い」と映っても、ご本人が相談したいと思っていなければ、状況改善につながる相談を継続することは難しくなります。

 

勿論ご本人に相談する気持ちがあり、その気持ちを後押しするのであれば、周囲の勧めがきっかけになることもあります。しかし実のところ、「本人も相談したいと言っているから」と言われてお会いしたら「自分は言われたから来たが、相談してどうなるとも思えない」とご本人から言われてしまうことも少なくありません。

そうしたことにならないためにも、事前にしっかりマネジメント・コンサルテーションをしておくことが鍵に なります。

本厚木・海老名の心理カウンセリング EAPパートナー   【コピー&ペースト厳禁】