カウンセリングがどのような時に活用できるのか、迷われている方がいらっしゃるかもしれません。
ちいさなことからご相談ください。

・病気ではないが、今の状態を何とかしたい
・必要な時に安心して相談できる場がほしい
・カウンセリングで自分の強みと弱みを整理したい
・ワークライフバランスを考えたい
・自分自身を見つめ直したい
・気持ちを整理したい
・異動や退職を含めて、自分のキャリアや将来のことを考えたい
・プライベートな問題を整理し仕事に集中したい
・カウンセリングで自分の感情に目を向けてみたい
・社内EAPはあるが、立場上利用しにくい
・休職復職社員の対応、退職者対応と採用業務に追われ、自分自身の心のケアができていないように感じる