カウンセリングを通して、企業の福利厚生やキャリア支援を行うのならEAPパートナーをお役立てください。

現代社会では、仕事のストレスや心の病気などが原因で会社を退職する人が増えています。個人の問題と考える人もいますが、会社が働く社員のメンタルヘルスケアに努めることで「職場環境の改善」や「離職率の低下」などのメリットを得られます。

ストレスの原因は仕事内容だけではなく、上司や同僚との人間関係も関係しているケースが少なくありません。不和な空気は周囲の社員にも伝わりやすく、社員1人ひとりが「働きにくい」職場環境だと感じてしまいます。仕事へのモチベーションにも影響を及ぼす可能性があるため、メンタルヘルスケアなどで改善を目指すことが大切です。

また、一度企業から退職者が出てしまうと2人目、3人目と続く恐れがあり、退職者が出ることで他の社員への負担も大きくなります。メンタルヘルスケアは、すべての社員がいきいきと働ける環境作りへの取り組みです。企業が活性化して社会に還元できるよう目指すためにも、メンタルヘルスケアやカウンセリングは重要です。

特に昇進や異動したばかりのときはストレスを抱えやすくなるため、キャリアについて考える余裕もなかなかありません。そのようなときにプロのカウンセラー(EAPコンサルタント)の協力があれば、キャリアについて1人で悩むよりも短時間で建設的な結論を出すことができます。
カウンセリングを通してストレスを軽減する考え方も身につきます。

【本厚木・海老名の心理カウンセリング ©EAPパートナー】