神奈川で企業のメンタルヘルス対策に関するご相談がありましたらEAPパートナーへ。社外相談窓口の導入で福利厚生にも活かせます。

日本の企業で働く従業員の大半は、仕事内容や人間関係、給与、休暇など何らかのストレスを抱えています。人によって原因に違いはありますが、ストレスが増大してメンタル面で不調を訴える人は増えています。

そこで、2015年に労働安全衛生法が改正され、従業員が50人以上の企業では年に1回のストレスチェックが義務づけられています。ストレスチェックではアンケートでストレスの状態を把握し、従業員が重大な精神疾患になることを防ぎ職場環境を改善したりするために行われるものです。

しかし、ストレスが大きい人ほど環境改善を言い出せないことが多いです。そのようなときに役立つのが、外部EAP会社のサービス利用です。社内ストレスチェックの事後措置として、また福利厚生の一環として外部のカウンセリング事業者を活用することで、心身の不調に気づいていない人・パフォーマンスが落ちている人に早めに気づくことができます。

このような理由から、働く人の心身の健康を守ることを目的とする従業員支援プログラム「EAP」を取り入れる企業も多く、企業にとってEAPは、アウトソースで活用できる重要な支援ツールであることがわかります。

神奈川の企業でストレス対策をお考えでしたら、EAPにそったカウンセリングを提供するEAPパートナーをご利用ください。

働く人を対象とするカウンセリングに精通したカウンセラー(EAPコンサルタント)が、「心をすっきりさせたい」社員の方、「部下への適切な対応を知りたい」と悩んでいる管理職の方のご相談に対応します。

そのほか、神奈川で企業のストレス対策に関するご相談なら、EAPパートナーへお問い合わせください。企業を対象にした従業員のメンタルケアはもちろん、企業訪問カウンセリングやセルフケア・ラインケア研修などのサービスも提供しています。


本厚木・海老名の心理カウンセリング EAPパートナー