「なんでこんな目に遭わなきゃいけないんだ!」…そんな”心の中の叫び“が出ること、ありませんか?

思いもよらない出来事で、予定していたことが出来なくなり、時間を奪われ、気持ちが収まらなくなるような時です。

“生きづらい人”はこんな事態に見舞われることがよくあります。
そうなると「不快な思いをしたのは相手のせいだ」という思いが高まったりイライラが続いたりします。

この状態から抜け出すには「心のストレッチ」が活用できます。
(エクセサイズ4「不快な気分を少しでも早く手放す」)

ちなみに同じ状況に遭遇しても、それほどイライラしたりムカムカしたりしないで済む人もいます。
けれどもそれは、どちらのタイプが「良い」「正しい」という話ではありません。
不快な気分味わってしまったあなた自身が「どうしたらもっと楽になれるか」を大切にしたいです。


「『どうして私は』と落ち込んだら 気づいていますか?”生きづらさ”の正体」p.95(ブックトリップ)


本厚木・海老名の心理カウンセリング EAPパートナー カウンセリング・オフィス