(速報)2020年5月15日 17時13分 NHKneszwebの記事です。 「厚生労働省は、新型コロナウイルスに感染した医療従事者など2人を労災に認定したことを明らかにしました。感染を業務によるものとして労災と認めるのは今回が初めてです。 労災認定されたのは、いずれも新型コロナウイルスに感染した医療従事者1人と、生活関連サービス業に従事する人1人の合わせて2人です。 厚生労働省は労災認定について、医療や介護に従事する人は、仕事以外で感染したことが明らかな場合を除いて原則、労災と認め、それ以外の仕事に従事する人も、客と近づいたり接触したりする機会が多い場合などは業務によって感染した可能性が高いとして、感染経路が分からなくても個別に判断する方針です。 厚生労働省は2人のケースについて詳細は明らかにしていませんが、感染者で労災と認められたのは今回が初めてだということです。 また、業務によって感染したとして労災を申請した人は14日の時点で、全国で39人で、内訳は、医療従事者が19人、介護や福祉に携わる人が11人、製造業や、卸売・小売業が、それぞれ2人などとなっています。 加藤厚生労働大臣は閣議後の会見で、医療機関に対し労災の申請への協力を要請したと明らかにしたうえで「何かあったときに対応できる安心感を持ってもらうためにも医療従事者が感染したら速やかに本人に労災請求を勧め、手続きに協力してもらえるよう強くお願いしたい」と述べました。」 「労災」というと労使対立をイメージしがちですが、これは前向きな話です。 事業者側の負担を考えると「きつい」と思いますが、その後の雇用継続という点で、働く人と事業者ともにwin-winになってほしいと思います。 本厚木・海老名の心理カウンセリング EAPパートナー