メンタルヘルス対策とEAP。日本ではまだ同じように扱われている気がします。

伝わりにくさもありEAPサービス提供者自身が「EAP≒メンタルヘルス」というニュアンスで説明することがあるのも事実です。
ただこの違いをきちんと整理できないと、会社の人事担当者や管理職の方にEAPサービスのメリットをご理解いただくのが難しいように思います。

“似て非なる”両者の相違点は、「サービス対象者」「ターゲット」「目的」などです。
(詳しくは「経営者が楽になる!職場のメンタルヘルス対策~経営者が知っておきたい臨床心理士活用法~」p.37【メンタルヘルスとEAP】を参照)

これは実際にマネジメント・コンサルテーション(人事管理職相談)を展開していくとよく見えてきます。
今年は特に休復職支援にかかわるマネジメント・コンサルテーションを丁寧に進めていきます。


本厚木・海老名の心理カウンセリング EAPパートナー カウンセリング・オフィス