では実際にストレスチェック後のフォロー体制を、貴社ではどのように実施されますか?前回記事に載せましたように、貴社の実情に合った形で進める・合う形のサポートをしてくれる外部機関を活用する、というのがベターです。

 

例えば、具体的な方法として、当オフィスが提供する「タイムリーサポート」を活用する場合についてご案内します。
「タイムリーサポート」は、担当コンサルタントが貴社にお伺いし、必要とされるEAPサービスをカスタマイズしご提案するサービスです。人事労務、安全衛生、産業保健のご担当者様とご相談しながら、必要な対応策を検討し、サービスを提供します。

 

・ストレスチェックをどのように行うか?「対策の策定支援」
・「高ストレス者」フォロー:対象社員の方の「個別面談」実施
・対応結果のご報告:「ご担当者様へのアドバイジング」
・フォローアップ対策のご提案:「EAPコンサルティング」

 

訪問回数や打合せ時間、個別面談のスケジューリングなどもリクエストに応じてアレンジすることが出来ます。
また、ご担当者様にお越しいただく来訪相談もございます。

 

「タイムリーサポート」「ソリューション@EAP」に関するお問合せがございましたら、どうぞお気軽にホームページのフォームよりご連絡ください。
よろしくお願い致します。