EAPのカウンセリングで行うアセスメント(状態の総合的評価)は、バイオ・サイコ・ソーシャル(生物学的・心理的・社会的)の3つの観点から行います。

 

ストレスサインについても、同様の視点から見て見ると分かり易いと思います。
〈バイオ〉
身体がだるい 寝つきが悪い 肩が凝る 軽い頭痛
〈サイコ〉
イライラする 気が重い 集中力が低下する
〈ソーシャル〉
口数が少なくなる 人との関わりを避ける 衝動買いをする

 

ストレスサインに気づいたら、早めのセルフケアが大切です。(セルフケアの方法は、以前の投稿を参考になさってください。)
身体と心に優しい生活スタイルが、あなたのストレスを軽減してくれます。