現在、当オフィスでは対面カウンセリングの受付を見合わせております。
ご予約時に「対面じゃないならやめます」と仰る方も多く、皆さまにご不便をおかけし心苦しく思っております。

対面カウンセリングでは、「密」「会話」「長時間」になります。工夫できる面もありますが、限界もあります。
カウンセリングは“心と身体の健康”を目指しますので、健康を損ねる可能性があれば、それを除いた形で行うことが望まれます。
zoomや電話を使うことでリスクを低減できるのであれば、現状ではそれを選択することになります。

エアロゾル感染や空気感染について、研究者からはこれまで「可能性は否定できないが高くはない」と言われてきました。

今回のエアロゾル感染情報では、「抑制には1時間に2回程度の窓開けでは十分に換気できない」などの見解もあるようです。

コロナ関連情報は随時更新されています。情報を精査し実効性のある対策を講じるよう努めます。


本厚木・海老名の心理カウンセリング EAPパートナー