ストレスチェック制度がスタートしてから2年以上経過しましたが、中小企業での取組みが十分に進んだとは言えない状況です。
その理由は、中小企業が取組みを始めるための「はじめの一歩」が何で・どこにあるのか・いくらかかるのか…といった情報が少ないからです。
今時はインターネットで検索すればたくさんの情報が得られますが、それが“ほしい”情報なのかと言えば必ずしもそうではありません。

メンタルヘルス対策で大切なのは、その「職場に合う取組み」を行うことです。
「メンタルヘルス対策」「メンタルケア」「ストレスチェック制度」というキーワードで探してみればいろいろな情報があがってきます。
その中で“ほしい”情報を探すには、いくつかのポイントがあります。

・サービス単価
・対応エリア
・対象企業の規模(従業員数)
ここにあげたポイントについて詳しく説明しているWebサイトは、実はあまり多くはありません。

EAPパートナーは中小企業や働く人(個人)が利用しやすいサービスをご提供しています。
訪問サービス、ご来室いただいてのコンサルテーション、社外相談窓口設置については、このホームページの「Service」ページをご参照ください。 http://a-eap.com/service/


なお当オフィスのサービスについて詳しくお知りになりたい企業・法人様には、こちらからご説明にあがることもできますので、「Contact」ページよりご一報ください。(※個別案件についてのご相談は有料となります。) http://a-eap.com/contact/