当オフィス代表が執筆した本が発売開始となりました。

 内容紹介(Amazon)
従業員の心のケアができるプログラムを導入するための本書。心のケアのプロフェッショナルである臨床心理士の役割、実践的なEAP(従業員支援プログラム)の展開方法が書かれています。メンタルヘルス対策の一歩先をゆく取り組みを紹介。会社と従業員のやる気と健康度を高める、健康経営に役立つ一冊です。

「EAPってよくわからない」との声にお応えできるよう、概論的な要素は控えめにし、誰が・何を・どのように…といった点を具体的に書きました。

会社経営者の方をはじめ、人事・労務・総務・衛生推進者等、ご担当者の方にご一読戴きたい1冊です。
メンタルケア導入をイメージしていただけるよう、実際のサービス内容や価格についてもご紹介しています。

また、「産業労働領域で働く臨床心理士」の立場で、臨床実践を報告する内容になっています。
・産業労働領域実務に興味のある方
・公認心理師試験対策のための参考図書を探していらっしゃる方
臨床心理士・産業カウンセラー・キャリアコンサルタントの方、そうした仕事に興味のある方にもお手に取っていただければと思います。